頼ってもいいのです|腎臓病でも安心して食事が可能|病気と闘おう

腎臓病でも安心して食事が可能|病気と闘おう

夫婦

頼ってもいいのです

食事

腎臓病の治療方法の1つとして現在注目されているものが食事療法です。適切な食事を摂取することで腎臓を回復させるというものです。具体的には、たんぱく質の摂取を抑制することがポイントになります。たんぱく質を過剰摂取すると尿素窒素など腎臓でしか排泄することができない物質が多くなるのです。そうなると腎臓に負担が大きくなり腎臓病を悪化させることにつながります。そのため、米、バン、芋類などを食べ過ぎることは控えるようにしましょう。また、たんぱく質を減らそうとするとカロリーまで減ってしまいます。体内でエネルギー不足が起こると、尿素窒素が増加するので、カロリーも十分に摂取するように計算した上で、食事メニューを考えましょう。

腎臓病の食事療法のポイントには他にもあります。食塩を控えることが挙げられます。腎臓病の場合は、腎臓の機能が低下している状態であり、ナトリウムを排泄できる量に制限がかかっています。そのため、食塩はできるだけ少なく摂取しましょう。食塩は調味料として控えるという問題だけではありません。食塩自体は外食や加工食品にも多く含有されていますので、それらもできるだけ食べないことも重要です。最後にカリウムを減らした食事もおすすめです。腎臓病の場合は血液の中に含まれるカリウムの量が過剰にある状態です。カリウムは果物に多く含まれていますが、特に、バナナ、キウイ、メロンに含有されています。これらの果物は控えて、缶詰の果物を食べるようにしましょう。