病食から健康を意識|腎臓病でも安心して食事が可能|病気と闘おう

腎臓病でも安心して食事が可能|病気と闘おう

夫婦

病食から健康を意識

男性

炎症を誘発させない食

透析無しの腎臓病を患っている場合には、主に食事に気を配る必要が挙げられており、腎臓病食にはたんぱく質の量もある程度定められています。運動量・体力・年齢だけの問題だけではなく、完全なる菜食主体などの食事や病気の価値観によっても必須となるたんぱく質の量も異なります。療法は栄養士と医師との管理のもと、試みることも大事なポイントです。腎臓病は慢性病とも言われており、併発しやすい炎症を抑制させる内容の食べ物を摂取することも意識しておきたい点です。たんぱく質が良い影響を与える病食ではあるものの、例えば、脂身や脂肪分の多い食べ物に関しては動物性よりも植物性の方が炎症効果の期待ができることもあり、菜食主義者の方々の食の内容もベストと言えます。

神経質になりすぎない

最近では、植物性たんぱく質を含む腎臓病食が臓器に優しく、進行を抑制させられる期待から注目度を高めています。というのも、動物性は必要以上の吸収を促してしまいやすく、良質なたんぱく質ではあるものの、リンが含まれていることで身体への影響も心配されています。また慢性化することによる炎症も身体へ負担がかかり、免疫力の低下による風邪などの外的ウイルスに弱くなりやすいのも腎臓病患者にとって注意する必要があります。特に、健康管理にアミノ酸が必要と言われていますが、菜食主体となる食のバランスに注意を払うことで、神経質にスコアを気にかける必要性が少ないことも研究データとして報告されています。量が少ない朝昼晩の食事や、元々から食が細いなどの少食の方でも、肉・魚・乳製品などをバランス良く摂取していれば、食事だけの意識改善で進行を遅らせることに期待が持てます。