腎臓病でも安心して食事が可能|病気と闘おう

和食

病食から健康を意識

男性

単にたんぱく質の多い食品だけを組み合わせた食事では、腎臓病の状態は1人1人で異なるため、それぞれに合わせて量を摂取することは大切です。食事内容に不安がある場合には、医師や栄養士に献立を組み立ててもらうことも適した手段です。

詳細

腎臓が悪い人の宅配弁当

夫婦

腎臓療食における注意点

腎臓病では食事療法が大きく扱われている病気の一つです。なぜならば、腎機能の低下や食塩やカリウムの値を抑えるなどの腎臓病の進行を遅らせる効果は、毎日の食事に気をつけていれば効果を上げることができるからです。腎臓病の食事で気をつけることは、タンパク質を摂りすぎないようにしつつ、必要画ベルギーを十分に摂ることが第一に挙げられます。また、食塩やカリウムは腎臓の機能が低下しているので、それらが含まれた食品を控えるようにして、場合によっては水分を控える必要があります。エネルギーを十分に摂らないと、体の中のタンパク質が分解してエネルギーになるため、たとえタンパク質を制限していたとして制限した意味がなくなるので注意しましょう。

非常に便利な宅配弁当

けれども腎臓病の食事はこのような制限の中で献立を考えるとなると、どうしてもメニューが単純になりがちになってしまい、味も美味しいといえる程ではないのでかなり飽きてくるという方も多いと思います。療養中の食事とはいえ楽しみながら食事をとりたいというものです。そんな時には宅配業者に腎臓病用の宅配弁当を利用するのがおすすめです。宅配業者が作る食事は管理栄養士がしっかりと計算して、タンパク質や塩分などを抑え、なおかつ味つけもしっかりしていてとてもおいしいので毎日苦しむことなく食事療法を行なうことができます。メニューも豊富に用意されている業者さんが多いので、食事療法で長く続けているとさすがに飽きるという事は起こりませんよ。

頼ってもいいのです

食事

腎臓病の治療には食事療法がおすすめです。食塩やたんぱく質やカリウムを減らした食事をすることがおすすめです。その際にカロリー計算をしてエネルギー不足にならないようにカロリー計算もした食事をするようにしましょう。

詳細

病食も手軽さが求められる

ご飯

老廃物を排出させる機能が低下する腎臓病での食事では、腎機能の働きを維持させる栄養管理が大切です。腎臓と血圧や糖尿などは関連性があり、中高年から注目され、病食からヒントを得たレトルト食品が評価を高めています。

詳細